社外製のインクで気軽に印刷

互換インクが支持されている理由を紹介

ヘビーユーザーからライトユーザーまで愛用するインク

高価な純正品を買わずに済むのが魅力

最初はこんなものかと思った場合でも、プリンターで印刷を続けていくうちに、純正インクの高い値段が気になり始めると思います。その場合におすすめできるのが、社外製の互換インクカートリッジです。初めて耳にする人もいるかもしれませんが、これはプリンターの製造会社以外が作製したインク製品です。なのでcanon用の互換カートリッジであれば、canonが作っていなくても、純正品と同じようにcanonのプリンターで使えます。それでいて値段は格段に安く、半額といった商品も見られますから大変お得です。純正品と比べてランニングコストをかなり抑えられるため、ヘビーユーザーはもとより、たまにしかプリンターを使わないライトユーザーからも支持されています。

「大量印刷なら分かるけど、ライトユーザーなら純正インクでもいいんじゃないの」という声も聞こえてきそうですが、意外にそうではありません。経験済みの方はご存知のように、放置期間が長いとプリンターの目詰まりは頑固になり、1回のヘッドクリーニングでは改善しない場合が多々あるのです。ヘッド洗浄にはインクを沢山使いますから、複数回繰り返せば面白いように残量が減っていきます。ヘッドクリーニングで高価な純正インクを消費するのは勿体ないため、頻繁に使わないからこそ、互換カートリッジを愛用するユーザーも珍しくない訳です。そもそも純正メーカーはプリンターの本体価格を抑え、そのぶんインクの値段を引き上げて利益を得る傾向があります。確かに、プリンターは1度購入すれば当面買いませんから、消耗品のインクで儲けるという発想は、実に素晴らしく、感嘆の極みです。とは言え、ユーザーからすれば嬉しくないのも確かです。その点、互換カートリッジの製造メーカーはそれとは無関係なので、低価格で販売できる仕組みになっています。

印刷クオリティーも良いから大人気

まだ互換品を使ったことがない場合は、印刷クオリティーも気になるポイントだと思います。ですが品質的にも申し分ない製品が多く、とくに人気の互換メーカーが製造するインクカートリッジは、純正品と識別するのが難しい場合も少なくありません。ただしカラー印刷の品質保持期間は純正の方が上ということなので、印刷直後は見分けがつかなくても、何年か後には差が出るかもしれません。しかし逆に言えば、それ以外なら互換品で十分と言えます。何より互換カートリッジなら印刷コストが安いので、ちょっとしたことでも気軽にプリンターを使えます。インクの減りを懸念して印刷を控えたのでは何のためにプリンターを買ったのか分かりませんから、互換カートリッジを使ってプリンターを有効に活用しましょう。

人気記事ランキング